FX FX 外国為替証拠金取引

fx レバレッジ

基本の用語では、レバレッジ、スワップ金利、マージンコール、ロスカットなどがあり、どれも見ただけでは何のことだか想像もつかないような用語ばかりではないでしょうか。

この中の「レバレッジ」という言葉を取り上げてみましょう。

レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味になります。

てこを利用して小さい力で大きいものを動かすということで、fxのレバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かすことからレバレッジという名前がついたそうです。

fxはこのレバレッジが大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。

fxでは証拠金を担保にして、その10倍、100倍といった外貨取引きが可能になります。

これをレバレッジ効果というそうです。

また、「レバレッジをかける」とか「レバレッジ○○倍で取引をする」という使い方をします。

1ドル=100円のときに、1万ドルを買うためには100万円が必要になりますが、レバレッジ10倍で取引きすれば、10万円の証拠金で1万ドルが買えることになります。

当然レバレッジを高くすれば、更に大きな額を動かすことが可能になりますが、儲けの可能性と同じ大きさのリスクも生じることになります。

セントラル fx

セントラルのfxには、セントラル短資オンライントレード(日短fxダイレク)があります。

セントラル短資オンライントレードの短資の意味をご存知でしょうか。

短資会社とは短期金融市場で金融機関相互取引の仲介をする会社という意味になります。

fx取引の魅力の一つにスワップ金利がありますが、セントラルのfxは業界最高水準のスワップ金利になっていて、外貨預金の利息にあたるスワップ金利を毎営業日受けとることが可能になっています。

また、購入した通貨で思ったほどのリターンが得られない場合でも、セントラルのfx取引なら他の通貨へ簡単に乗り換えることが可能なのです。

通常、口座開設の申し込みをする場合、資料請求をして自宅に資料が届くのを待ち、その資料が届いてやっと必要書類をそろえて記入して申し込みをするというふうになりますが、セントラルのfxの場合は、オンラインで口座の開設ができるので、とてもスムーズにストレスなくセントラルで口座を開設することができるのです。

セントラルのfxでは、取扱通貨も大変豊富に取り揃えてあり、全部で16種類あります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。