FX 外国為替証拠金取引

livedoor fx

livedoor fxは、最近非常に注目されて話題になっている「外国為替保証金取引」のことで、fxとは、1998年に
外為法の改正により誕生したまだまだ若い金融商品です。

livedoor fxの特徴は、少ない資金での取引が可能で、なんと初回5万円の入金で取引が開始できます。

これによって、livedoor fxで少ない資金で効率的な資産運用が実現します。

また、livedoor fxのレバレッジは約1倍から200倍までの7段階レベルで選択することができるので、リスクを最小限に抑えて取引きがしたいという投資家の方から、ハイリターンの取引きを行いたいという投資家の方まで、さまざまなニーズに応えることができます。

そして、豊富な取扱通貨ペアもlivedoor fxの魅力で、なんと18種類。

livedoor fxでは、人気の高い米ドル、ニュージードル、ポンドなどから、今話題の南アフリカ・ランド、人民元まで幅広く取り扱っています。

サービス内容や取引きなどでトラブルが生じた場合でも、サポートセンターが電話やメールで24時間対応してくれるのも安心材料の一つではないでしょうか。

fx 自動 売買

fxに自動売買というシステムがあるのをご存知でしょうか。

fxの自動売買とは、あらかじめ市場がどのように動くか、自分で買い時や売り時の予測を立てておき、それに基づいた注文をしておくことをいいます。

こういう状況になったら売るとか、こんな状況になったら買うなど、条件つきの予約注文をすることが必要になってくるので、自分に合った条件の自動売買の注文機能があるか、どのような種類があるか、充実度はどうかなど、自動売買の機能はfx の会社によってさまざまなので、よく確認してfx の取引き会社を選ぶ必要があります。

そんなときでもfxの自動売買のシステムを利用して希望の設定をしておけば、タイミングを逃すことなく希望通りの取引きが行えるのです。

日中働いていて忙しくてなかなかパソコンをチェックできないビジネスマンや、fx の相場の分析力のある投資家だけでなく、それ以外の投資家の方も、取引き法方の一つとして自動売買を考えてみるのもいいかもしれません。

fx レバレッジ

基本の用語では、レバレッジ、スワップ金利、マージンコール、ロスカットなどがあり、どれも見ただけでは何のことだか想像もつかないような用語ばかりではないでしょうか。

この中の「レバレッジ」という言葉を取り上げてみましょう。

レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味になります。

てこを利用して小さい力で大きいものを動かすということで、fxのレバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かすことからレバレッジという名前がついたそうです。

fxはこのレバレッジが大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。

fxでは証拠金を担保にして、その10倍、100倍といった外貨取引きが可能になります。

これをレバレッジ効果というそうです。

また、「レバレッジをかける」とか「レバレッジ○○倍で取引をする」という使い方をします。

1ドル=100円のときに、1万ドルを買うためには100万円が必要になりますが、レバレッジ10倍で取引きすれば、10万円の証拠金で1万ドルが買えることになります。

当然レバレッジを高くすれば、更に大きな額を動かすことが可能になりますが、儲けの可能性と同じ大きさのリスクも生じることになります。

fx 入門

fxの人気に比例して、fx入門を紹介しているインターネットのサイトも多くなってきました。

このようなfx入門のサイトが数多く存在するというのは、これからfxを始めたい、fxを勉強してみたいという個人投資家にとって、自宅で手軽に利用できるという点や、いろいろなfx入門のサイトをまわってより多くの知識を得ることができるという点で、とても重宝するのではないでしょうか。

また、fxの業者のホームページでも、初心者のための基礎知識や用語集などのfx入門のページを用意してあります。

一時は一部の会社の強引な勧誘など、顧客とのトラブルが問題化しましたが、2005年の金融先物取引法の改正によって悪質な会社は淘汰され、現在では安心して取引きが行えるようになりまた。

fxに興味のある方や、fxを勉強したい方、もう一度fxを一から勉強しなおしたいという方など、インターネットで
「fx入門」を検索してみてはいかがでしょうか。

FXの基本 FXのメリットその2

FXを副業としてとらえている人には大きなメリットになると思うのがやはり24時間取引です。

これは、会社で働きながら株投資などをした事のある方でしたら、どれほどありがたいか実感できるでしょう。

もし夜の取引ができなければ、会社の上司に睨まれながら仕事中に為替のチェックをしてしまうことになるでしょう。

FXは24時間開いていますので、例えば夜10時に帰宅したとしても、そんな遅い時間でさえ、リアルタイムに好きな時間まで取引が可能です。

また、これは少し専門的なお話になりますが例えばベンチャー企業の株の売買などですと、流通している株の量が少ないですから、少しでも悪いニュースが出ると、売りが殺到して(しかも買い手がいないため)あなたが売り注文を出しても、決済されない事があります。

(流動性リスク)FXの場合は、世界中の投資家が参加者ですから、市場の規模も世界一です。どんなに状況が急に動いていようと、「注文を出しているのに通らない」という事は起こりません。

安全という意味で考えると、これも大切な理由の一つですね。

もちろん、これは通貨と株式の取引を比較しているので具体的な比較をしていいものではないかも知れませんが、十分にメリットとして認識していいものでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。